みどころ・みやげ処

名勝・文化財や天然記念物  おみやげ処をご紹介!!

  ―宍喰地区―

宍喰浦の化石漣痕  古代に海中にあったこの地域の海底に、漣の波痕が地層として
 保存され、地殻変動により地上に露出して現在の状態に。
 化石漣痕としては規模・露出面積ともに日本一!
やっこ草
(鈴ヶ峰など)
 シイの木の根元に群生する寄生植物で2年に一度開花する。
 開花時の羽根を広げたやっこさんに似た姿が名の由来
水床湾  青い海に大小の島々が浮かび、その眺めはまさに絶景!!
道の駅「宍喰温泉」  手作りの特産品・工芸品から地元の新鮮な農水産物まで
 宍喰のおみやげはおまかせあれ!!


  ―海部地区―

母川の大ウナギ  清流海部川の支流・母川に生息。国内では他に、
 長崎・和歌山など数ヶ所でしか発見されていない。
母川の源氏ボタル  海部川の支流・母川の清流に生息。毎年6月に
 「母川ほたる週間」が開催される。
吉田城満寺  鎌倉時代に建てられた四国最古の曹洞宗寺院。


  ―海南地区―

轟の滝  日本の滝百選の一つで、清流海部川の上流にある水量豊かな大滝。
 本滝の上流にも大小の滝が連在し、轟九十九(つくも)滝と総称される。
海部刀  古くは鎌倉時代から海部川流域で作られていた刀。
 切れ味の良いことで全国に知られた。
 阿波海南文化村で見ることができる。
大里の松原  全長4qに及ぶ松原と太平洋を望む海岸線が美しい。
 日本の”白砂青松百選”にも選ばれている。
海老ヶ池  室戸阿南海岸国定公園内にある。周囲約4q。池の周りには遊歩道が
 あり、浅川湾岸線へと連なる散策は、自然を満喫できる。
究極の清流海部川  透明度の高い清冽な流れと周辺の豊かな自然で清流でしか見られない
 数多くの生き物を育んでいる。上流から下流まで絶景の宝庫です!!


  ―牟岐地区―

大島・津島  磯釣りのメッカで四季を通じて豊富な魚類が楽しめる。
 奇岩「姫神」、海中公園など見どころが盛りだくさん。
手羽島  島内の大池にて天然記念物「シラタマモ」が見られる。
 遊歩道が島を一周しており、灯台からは東に紀州・西には土佐の
 パノラマが一望できる。
八坂八浜  牟岐から海陽町浅川にかけての13qに及ぶ海岸線は
 岬(坂)と入江(浜)が交互にあらわれ変化に富んだ景色は絶品。
貝の博物館
モラスコ牟岐
 世界中の2000点に及ぶ貝を展示している。
 館内には「漁師さんの水族館」も併設。地元の海や川の生物400種
 を展示している。


  ―日和佐地区―

薬王寺  四国88ヶ所の第23番札所。弘法大師が厄除け祈願のため薬師如来座像
 を刻んで安置したことが起源とされている。高台の境内からの景色も
 美しく、初詣に厄除祈願に参拝客があとをたたない。
うみがめの産卵地
大浜海岸
 毎年5月から8月にかけて産卵のためアカウミガメが訪れる。
 白砂の海岸は「日本の渚百選」にも選ばれた景勝地。
千羽海崖  日和佐港の南西に続く断崖絶壁の海岸、最高250mもの高さの岩壁が
 延長約2qにわたってそそり立つ。日和佐城から始まる遊歩道や
 南阿波サンラインから絶景を堪能できる。
道の駅「日和佐」  情報・物産・姉妹都市交流の各コーナーを備えた「物産館」
 お遍路さんの足をいやす「足湯館」、地元産品の「産直館」
 を備え、観光の拠点に最適な道の駅。


  ―由岐地区―

阿部桜街道  阿部街道には約1,000本のソメイヨシノがならび、3月下旬から4月上旬
 にかけて咲き誇る桜の風情は、背景の太平洋とあいまってまさに絶景!
「山村留学」の
伊座利校
 「おいでよ海の学校へ」をキャッチフレーズに山村留学(漁村留学)を実施
 している小さな海辺の学校。小中併設校で漁業体験学習を行っている。
ぽっぽマリン  JR由岐駅構内には水槽展示ホールがあり、タッチングプールでは
 海の生き物に直接触れられる。その他、観光案内や郷土資料の
 展示室が併設、由岐地区の特産品売り場も充実している。


home